岡崎・祇園店限定*西陣つづれ織シリーズ発売


西陣つづれ織

師走を迎え、京の街を和装で歩く姿を見かけることが多くなりました。
年始はお着物で出かけられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな晴れの装いにぴったりな『西陣つづれ織シリーズ』が
元旦 1月1日より京都の2店舗限定で発売です*

つづれ織は、西陣織伝統工芸士が昔ながらの手織り機で織る
生地巾わずか20cmという貴重なもの。
古くから「タテ糸のことを神糸・心糸として敬い、神または心を包み込む織物として
お守り代わりとして愛用されていた」と伝えられており、
革のような強さと独特のしなやかさが特徴です。

また、TAWARA型がま口ミニハンドバッグの側面には
丹後のちりめん生地を使い、すべて【Made in Kyoto】で仕上げた逸品。
口金はチェーンを内蔵できるようになっているので
クラッチバッグとしてもお使い頂けます。

慶事・吉祥のシンボルである「松・竹・梅」がオリジナル刺繍で表現され、
落ち着いた色みに花を添えています。

2016年1月1日(金)岡崎本店・祇園店 限定発売
※無くなり次第終了となります

<販売アイテム>
・がま口カードケース 6,804円(税込)
・TAWARA型がま口ミニハンドバッグ 12,960円(税込)
※どちらも専用ギフトボックス付き

タグ: , , , ,